ピアノの仕組み

ピアノの音の出る仕組みは、 ピアノの鍵盤を指で押すとその力がアクションという部分を通してハンマーに伝わり、弦をハンマーで叩くことで音が出ます。 これがピアノの音が出る仕組みです。 現代の標準的なピアノでは、白鍵52、黒鍵36の計88鍵との鍵盤数が一般的です。 ピアノに使われている部品の数は、8000個以上といわれています。